エイチエス債権回収から請求された場合の対処法

エイチ・エス債権回収からの催告書や督促状による請求

CFJ合同会社からエイチ・エス債権回収への債権譲渡

CFJ(アイク、ディックファイナンス、ユニマット)で借りた借金を滞納したままにしていると、ある日突然、エイチ・エス債権回収から【重要なお知らせ】という書面で請求を受けることがあります。

この書面は「【要件】和解提案の件についてのご検討のお願い」というタイトルになっており、CFJから債権譲渡を受けたとの記載があり、残った借金について3つの和解案が書かれています。

また、CFJとエイチエス債権回収の連名で「譲渡債権のご通知及びご入金方法変更のお知らせ」という書類が届くことがあります。そこには以下のような記載があります。

『譲渡人は、平成○年○月○日付貸付債権譲渡契約に基づき、貴殿に対して有する別紙1記載の債権(以下「本件譲渡債権」という)を同年○月○日付で、これに付帯する一切の権利と共に、譲受人に譲渡致しましたので、貴殿に対して、ご通知致します。今後の本件譲渡債権に関するご質問などは、譲受人にて承りますので、その旨ご承知おき願いますと共に、本通知書到着後の本件譲渡債権についての支払いは、譲受人の後記口座に直接お支払い下さいますようお願い申し上げます』

これは、債権譲渡によって今後の一切の連絡や返済窓口がCFJからエイチエス債権回収に変更なりますという意味です。

なお、エイチエス債権回収が有限会社エフエムシーから債権の管理回収業務を受託して請求をしてくる場合もあります。

もし、連絡がない場合は解決の意思がないものと判断して法的措置に着手する旨の記載もあります。また、「ご確認のお願い」「債権受託通知」「督促状」「催告書」というタイトルの場合もあります。

督促状には以下のような記載があります。

『弊社は法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)の一社として、○年○月○日付で下記債権のの管理回収業務を株式会社エフエムシーより受託いたしましたことをご通知させていただいております。しかしながら、本日現在お支払に至っておりません。つきましては、本通知到着日の翌日から5日以内に、弊社担当者までご連絡をいただけますようお願い申し上げます。万が一、期限までにご連絡をいただけない場合は、お支払の意思が無いものとみなし、将来における債権回収の為の措置として、貴殿所有の財産等に対する保全措置の実施及び法的手続きに着手せざるを得ないことがある旨、予め申し添えいたします』

また、エイチエス債権回収の代理人をしている弁護士(弁護士法人市ヶ谷法律事務所 弁護士 平間力、関東法律事務所 弁護士 寺﨑裕史)から「通知書」が届くこともあります。

時効の可能性を検討してみる

サラ金からの借金にも時効があるので、まずはその検討をします。

借金が時効になるには5年以上の滞納期間が必要ですが、まずはご自身の記憶で5年以上返済をしていないのであれば時効の可能性があるといえます。

また、【債権の詳細】という箇所に「当初貸付日」「契約日」の記載があれば、その日付を参考にしたり、「利息遅延損害金」と「残元金」がそれぞれ記載されているので、利息遅延損害金が残元金よりも高額になっている場合は、長期間滞納しているということになります。

和解提案に回答することのリスク

時効の可能性がある場合に、エイチ・エス債権回収の和解提案に電話で回答してしまうと、債務の承認となって時効の主張ができなくなる場合がありますのでご注意ください。

よって、5年以上返済をしていないと思われる場合は、エイチ・エス債権回収への電話は控えてください。

ただし、電話で返済の話をしてしまったような場合でも、必ずしも債務の承認に該当するとはいえない場合もありますので、まずは諦めずにご相談ください。

時効の援用をするには

時効の可能性がある場合は電話ではなく、内容証明郵便などの書面でエイチエス債権回収に時効の通知を送ります。これを時効の援用といいます。

いくら5年以上返済をしていないからといって、時効の援用をせずに請求を放置しているだけでは、いつまで経っても請求が止まらず、借金が残ったままです。

つまり、借金の場合は時効の援用をすることで初めて時効が成立し、エイチ・エス債権回収から請求がこなくなるので、時効の可能性があるのであれば早急に時効の援用をおこなってください。

もし、時効の可能性があるにもかかわらず、なにもせずに請求を放置しているとエイチエスが東京簡易裁判所に裁判を起こしてくることもあるのでご注意ください。

ご自分で手続するのが不安な方

相手は借金の回収を専門におこなっている債権回収会社(サービサー)ですから、にわか知識での対応にはリスクが伴います。

もし、ご自分で時効の援用をおこなうのが不安な場合はお気軽にご相談ください。ご依頼頂いた場合は、時効の条件を満たしている限り、確実に時効の援用をおこないます。

時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、そのままエイチ・エス債権回収との分割和解交渉をおこなうこともできます。また、ご依頼された時点で直接請求が止まります。

遠方にお住まいの方

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂けない方でも時効の援用をお受けできます。その場合は当事務所が内容証明の作成と発送までをおこなう内容証明作成サービスで対応いたします。

こちらのサービスでも時効の条件をクリアーしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便によって時効が成立して、エイチ・エス債権回収からの請求がなくなります。

時効が成立する条件

☑ 返済をしていない期間が5年以上である
☑ 直近10年以内に相手から裁判などを起こされていない

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、エイチ・エス債権回収への時効実績も豊富です。

エイチ・エス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら