エムアールアイ債権回収と消滅時効の援用

エムアールアイ債権回収とは

エムアールアイ債権回収株式会社は、法務大臣の認定を受けた債権回収会社(サービサー)です。

本社は東京都中野区にあり、マルイカード(現エポスカード)が100%出資して作った会社で、丸井グループのサービサーです。

丸井グループにはエポスカード、ゼロファースト(平成26年にエポスカードと合併)がありますが、エムアールアイ債権回収は、主にエポスカードとゼロファーストから債権譲渡を受けて債権回収をおこなっています。

主な原債権者

☑ エポスカード(マルイカード)
☑ ゼロファースト
☑ スルガ銀行

通知書が届いた場合の対処法

エムアールアイ債権回収から通知書や催告書が届いた場合、長期間にわたって返済をしていないのであれば、まずは消滅時効の主張ができるかどうかを確認します。

主なタイトル

☑ 遅延損害金減額のご案内
☑ 期間限定 お支払額 減額相談のお知らせ
☑ 債権譲受通知

通知書の中に「延滞となった貸金債権の当初の約定支払日」「最新お取引日」「最終利用年月日」の記載があれば、その日付が5年以上前かどうかを確認します。

もし、5年以上前の日付であれば時効の援用ができる可能性があります。

通知書に「このままの状況が続いた場合、裁判所に法的手続きをおこなう」との記載があっても、そもそも時効の援用ができる場合は、利息や損害金のみならず元金についても一切支払う必要がありません。

よって、時効の可能性がある場合は、損害金のカットに応じるなどの記載があっても、安易に連絡をしないようにしてください。

なぜなら、時効に気づかずに以下のような行為をおこなった場合は時効が中断してしまうからです。

時効が中断する行為

☑ 分割返済交渉
☑ 債務者からの利息や損害金免除のお願い
☑ 借金の一部弁済
☑ 分割返済の和解書へのサイン

上記のような時効の中断事由があると、たとえ最後の返済から5年以上経過している場合であっても、時効が中断してしまい、もはや時効の援用をすることができなくなる可能性があるので要注意です。

時効が中断した場合、それまでの時効期間がすべてご破算となり、またゼロから再スタートとなります。

時効期間経過後であっても時効は中断するので、エムアールアイ債権回収はそれを狙って、すでに最後の返済から5年以上経過している場合でも通知書を送付してきます。

時効は最後の返済から5年が経過することで自動的に成立するわけではありません。

よって、通知書の契約内容の記載から時効である可能性が高いと判断できる場合は、債務者がエムアールアイ債権回収に対して、内容証明郵便などで消滅時効を援用する旨を通知しなければいけません。

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼頂いた場合は、当事務所の司法書士が代理人となって確実に消滅時効の援用をおこないます。

もし、調査の結果、時効の中断が判明した場合は、分割和解の交渉もおこなうこともできるので、ご自分で対応できない場合はお気軽にご相談ください。

<ここがポイント!>
☑ 5年の時効期間が経過していても時効は中断するので安易に連絡しない

自宅を訪問された場合の対処法

エムアールアイ債権回収が自宅を訪問してくる場合がありますが、時効の可能性がある場合は一切の返済に応じてはいけません。もちろん、返済に関する口頭でのやり取りもご法度です。

なぜなら、すでに述べたとおり、一部弁済や返済交渉は時効の中断事由に該当するからです。なお、不在時に訪問した場合は、手紙が投函されていることがあります。

中には「10日以内のご連絡をお待ち申し上げております」「延滞利率の減免、遅延損害金の減額等のご相談を承っております」との記載があり、裏面が「ご相談承り票」になっています。

いまだ時効ではなく、債務者自身に返済する意思があるのであれば話は別ですが、すでに時効期間が経過しているのであれば、損害金の免除や減額という記載があっても、一切連絡をしないようにしてください。ご相談承り票に記載して返送した場合、時効が中断する可能性があります。

<ここがポイント!>
☑ すでに時効であれば置き手紙があっても連絡をしない

訴状が届いた場合の対処法

裁判所から訴状や支払督促が届く場合があります。

ただし、訴状などが届いた場合であっても、すでに5年の時効期間が経過しているのであれば、裁判上で消滅時効の主張をおこなうことで、借金の支払い義務をなくすことが可能です。

具体的には、訴状や支払督促に記載されている「期限の利益喪失日」を確認します。この日付が5年以上前であれば、消滅時効の援用ができる可能性があります。

このほかに、訴状に添付されている取引計算書の最後の弁済日が5年以上前であるかどうかでも確認できます。

ただし、時効の援用ができる場合であっても、裁判所から送付された訴状や支払督促をそのまま放置しておくと、原告であるエムアールアイ債権回収の請求どおりの判決が出てしまいます。

なぜなら、時効だからといって裁判所が気を利かせて消滅時効の判断をしてくれるわけではないからです。

つまり、消滅時効を主張したいのであれば、被告である債務者自身が裁判上で時効の主張をしなければいけないということです。

よって、訴状や支払督促などの裁判上の請求があった場合は、指定された期日までにきちんと答弁書を提出しなければいけません。

なお、裁判所から送付される定型の答弁書には、「分割払いを希望する」という項目がありますが、時効の場合はくれぐれもこの項目にチェックを入れて返送しないように注意してください。

もし、分割払いを希望した場合は債務を承認したことになり、時効が中断してしまうからです。千葉いなげ司法書士事務所にご依頼頂いた場合は、簡易裁判所の訴訟代理もお任せ頂けます。

時効の中断事由がない場合は、司法書士が訴訟代理人となって裁判上で消滅時効の主張をおこない、請求棄却判決を取得します。ご自分で裁判手続きに対応するのが不安な場合はお気軽にご相談ください。

<ここがポイント!>
☑ 訴状や支払督促が届いた場合は期限の利益喪失日をチェックする

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら