エーシーエス債権管理回収と消滅時効の援用

エーシーエス債権管理回収とは

エー・シー・エス債権管理回収株式会社は、法務大臣の認定を受けた債権回収会社(サービサー)です。

本社は千葉市美浜区にあり、イオンフィナンシャルサービスが主要株主のイオングループのサービサーです。

イオンのグループ企業にイオンクレジットサービス株式会社がありますが、エーシーエス債権管理回収は、イオンクレジットサービスから債権譲渡を受けたり、回収業務の委託を受けて請求してくることが多いです。

<ここがポイント!>
☑ エーシーエス債権管理回収はイオングループの債権回収会社である

通知書が届いた場合の対処法

エーシーエス債権管理回収から通知書や催告書が届いた場合の対応ですが、長期にわたって返済をしていないのであれば、まずは消滅時効の主張ができるかどうかを確認してください。

なぜなら、時効であれば利息や損害金のみならず、元金を含めて一切の支払い義務がないからです。なお、通知書の主なタイトルは以下のとおりです。

主なタイトル

☑ 最大30%減額和解のご提案について
☑ 債権譲渡通知書
☑ ご通知

エーシーエス債権管理回収から委託を受けた弁護士法人駿河台法律事務所から通知書が届く場合があります。

また、エーシーエス債権管理回収からSKインベストメントに譲渡され、アウロラ債権回収が回収業務をおこなっている場合もあります。

いずれの場合であっても、時効かどうかの確認は最後の返済から5年以上経過しているかどうかです。もし、最後に返済してから5年以上経過している可能性があるのであれば、安易に連絡をしないようにしてください。

なぜなら、下手に連絡をしてしまって、以下のような時効の中断事由に該当する行為をおこなった場合、それまでの時効期間がすべてリセットされて、時効の援用ができなくなるおそれがあるからです。

時効の中断事由

☑ 和解書などにサインをする
☑ 借金の一部を弁済する
☑ 電話で借金の返済に関する話をする
☑ 債務者の方から借金の減額をお願いする

エーシーエス債権管理回収からの通知書の中に、和解書が同封されている場合もあるので、最後の返済から5年以上が経過していて時効の可能性があるような場合は、くれぐれも和解書を返送したり、電話で話をしないようにしてください。

もし、ご自分で時効の手続きをおこなうのが不安な場合は、千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。当事務所が中断事由の有無を調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

調査の結果、中断事由が判明して時効の援用ができないような場合は、そのまま分割返済交渉に移行することも可能です。

もちろん、エーシーエス債権管理回収以外にも多額の借金があるような場合は、自己破産個人再生をおこなうこともできるので、まずはご相談ください。

<ここがポイント!>
☑ 最後に返済してから5年以上経過していると時効の可能性がある

訴状が届いた場合の対処法

裁判所から訴状や支払督促が届いた場合でも時効の主張ができる場合があります。

なぜなら、裁判上の請求を受けた場合でも、すでに最終弁済から5年以上経過していれば、被告である債務者は時効の主張ができるからです。

しかし、裁判所は中立の立場なので、たとえ最終返済日から5年以上経過している場合でも、被告である債務者から消滅時効の主張がない限り、裁判所の独断で時効を認めることはできないからです。

また、裁判所から訴状が送られた場合、被告である債務者は指定された期日までに答弁書を提出しないと欠席判決となり、原告であるエーシーエス債権管理回収の請求どおりの判決が出てしまいます。

これは、たとえ時効の主張ができる場合であっても同様です。欠席判決の場合は、エーシーエス債権管理回収の請求どおりの判決が出ることになり、時効もそれから10年延長されてしまいます。

また、判決などの債務名義を取られると、給料や預金口座を差押えされる危険があります。

よって、すでに5年の時効期間が経過しているのであれば、被告である債務者が裁判上で時効の主張をしなければいけません。

ご自分で裁判をすることに抵抗がある場合や、仕事が忙しくて時間がないのであれば、千葉いなげ司法書士事務所にご相談ください。

利息・損害金を除いた元金が140万円以下の請求であれば、司法書士が訴訟代理人となって裁判にも対応できます。

中断事由がなければ、裁判上で消滅時効の主張をして請求棄却判決をもらうことができますし、中断事由があるような場合でも分割返済の和解交渉をおこなうことができます。

いずれにせよ、裁判所から訴状や支払督促が届いた場合は、期限があるのですみやかにご相談ください。

<ここがポイント!>
☑ 裁判所からの訴状を放置すると欠席判決となり時効が10年に延長される

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら