アウロラ債権回収と消滅時効の援用

アウロラ債権回収とは

アウロラ債権回収株式会社は、法務大臣の認定を受けた債権回収会社(サービサー)です。本社は東京都港区にあり、同社のHPによれば、主に債権買取業務をおこなっているようです。

なお、株主はジュピター合同会社となっています。

中には、アウロラ債権回収の名を騙った不審な請求もあるようですが、聞いたことがない会社であるからといって架空請求と決めつけるのではなく、届いた通知書の中身をよく確認し、自分が借りた借金であるかどうかの判断をし、適切な対応を取るようにしてください。

<ここがポイント!>
☑ アウロラ債権回収の名を騙った架空請求もあるが、通知書の中身をみて判断する

もとの借入先

もともとはCFJ(ディック、アイク、ユニマット)からの借金であることが多いようです。東京スター銀行の場合もあります。主なところは以下のとおりです。

主な債権者

☑ CFJ
☑ イオンクレジットサービス
☑ タイヘイ
☑ マルフク
☑ ジュピター合同会社
☑ 合同会社エムシーフォー
☑ SKインベストメント
☑ 東京スター銀行
☑ 東京スター・ビジネス・ファイナンス(TSBキャピタル)

☑ かんそうしん

通知書が届いた場合の対処法

アウロラ債権回収から請求書や催告書が届いたり、電話が来ている場合はまずは時効の援用ができるかどうかを確認します。主なタイトルは以下のとおりです。

主なタイトル

☑ 通知書
☑ 一括返済のお願い
☑ 債権譲渡通知書 兼 債権譲受通知書
☑ 訪問のお知らせ
☑ 法的手続申立予告通知書
☑ ご相談お待ちしております
☑ 窓口変更のお知らせ
☑ 訪問予告通知書
☑ ご連絡をお願いします
☑ 減額和解のご提案
☑ 連絡依頼
☑ ご返済をお願いします

通知書の中に、「期限の利益喪失日」「約定返済日」などの記載があれば、その日付から5年以上が経過しているかどうかが重要です。

東京スター銀行などからの借り入れで保証会社が代位弁済をしている場合は、代位弁済から5年で時効となります。もし、すでに5年以上前の日付であれば、消滅時効の主張ができる可能性があります。

ただし、すでに判決や支払督促などの債務名義を取られている場合は、時効が10年に延長されるので、必ずしも5年以上前の日付だからといって、時効の援用ができるわけではありません。

<ここがポイント!>
☑ 滞納期間が5年以上かどうかをチェックして時効の可能性を検討する

電話をしてしまうと

時効の可能性がある場合であれば、安易に連絡をしないでください。なぜなら、電話で分割弁済の話をしたり、借金の減額をお願いすると時効中断事由の一つである債務の承認に該当するからです。

時効が中断した場合は、時効期間がすべてリセットされて、もはや時効の援用ができなくなってしまいます。

つまり、アウロラ債権回収に連絡をしたがために、借金を帳消しにできる時効の主張ができなくなる場合があるということです。

ただし、電話で話をしたくらいであれば、必ずしも時効が中断したとはいえない場合もあります。よって、ご自分で判断せずにまずは諦めずにご相談ください。

<ここがポイント!>
 最後の返済から5年以上経過していれば時効の可能性があるので安易に連絡しない

請求を放置していると

アウロラ債権回収から請求書が届いているのに、何もせずに放っておくと自宅まで取り立てに来たり、東京簡易裁判所から訴状が届くことがあります。

家まで取り立てに来られてしまうと、心理的プレッシャーもかなりのものですし、もし、ばったり出くわしてしまって、そこで色々話をしてしまうと時効が中断してしまうおそれがあります。

また、裁判所から届いた訴状まで無視していると、たとえ時効期間が経過している場合でも、アウロラ債権回収の請求どおりの判決が確定してしまいます。

一度、確定した判決はあとから覆すことができなくなり、時効期間も10年に延長されてしまいます。

なお、訴状が届いてからでもきちんとした対応を取れば、アウロラ債権回収が裁判を取り下げてきて時効が成立します。よって、訴状が届いた場合は絶対に放置してはいけません。

<ここがポイント!>
 裁判所から届いた訴状を放置するとアウロラ債権回収の請求が認められてしまう

当事務所にご依頼された場合

当事務所にご依頼頂いた場合は、アウロラ債権回収からの直接請求が止まります。これにより、電話や書面による請求、職場への連絡、自宅訪問などから解放されます。

その後、当事務所が時効の中断事由があるかどうかを調査し、なにも時効の中断事由がなければ、確実に消滅時効の援用をおこないます。

もし、ご自分で時効の手続きが出来そうにない場合はお気軽にご相談ください。裁判所から訴状が届いた場合の訴訟対応もお任せ頂けます。

もし、時効の条件を満たしていない場合、分割払いができるのであれば司法書士が代理人となってアウロラ債権回収と分割返済の和解交渉に移行することも可能です。

<ここがポイント!>
☑ 時効の援用や裁判になった場合の代理手続きもお願いできる

内容証明作成サービスで遠方の方にも対応

当事務所にお越し頂くことができない遠隔地にお住まいの方や、仕事が忙しくてなかなか当事務所にお越し頂けない方は内容証明作成サービスをご利用ください。

こちらはご本人様が当事務所にお越し頂かなくても、アウロラ債権回収から届いた請求書や裁判所からの訴状をLINE、メール、FAXのいずれかの方法で送って頂くことで手続できます。

送って頂いた請求書の内容を当事務所が確認して、そのまま時効援用のお手続きをご希望される場合は、当事務所が内容証明郵便で時効の援用を代行いたします。

こちらの手続でも5年以上返済をおこなっておらず、これまでに裁判なども起こされたことがなければ時効が成立します(裁判中の場合はアウロラ債権回収が裁判を取り下げます)。

<ここがポイント!>
☑ 当事務所にお越し頂くことなく時効の援用が可能

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、アウロラ債権回収への時効実績も豊富です。

アウロラ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら