アウロラ債権回収と消滅時効の援用

アウロラ債権回収とは

アウロラ債権回収株式会社は、法務大臣の認定を受けた債権回収会社(サービサー)です。本社は東京都港区にあり、同社のHPによれば、主に債権買取業務をおこなっているようです。

なお、株主はジュピター合同会社となっています。

中には、アウロラ債権回収の名を騙った不審な請求もあるようですが、聞いたことがない会社であるからといって架空請求と決めつけるのではなく、届いた通知書の中身をよく確認し、自分が借りた借金であるかどうかの判断をし、適切な対応を取るようにしてください。

<ここがポイント!>
☑ アウロラ債権回収の名を騙った架空請求もあるが、通知書の中身をみて判断する

もとの借入先

もともとはCFJ(ディック、アイク、ユニマット)からの借金であることが多いようです。東京スター銀行の場合もあります。主なところは以下のとおりです。

主な債権者

☑ CFJ
☑ ジュピター合同会社
☑ 合同会社エムシーフォー
☑ SKインベストメント
☑ 東京スター銀行
☑ 東京スター・ビジネス・ファイナンス(TSBキャピタル)

通知書が届いた場合の対処法

アウロラ債権回収から通知書や催告書が届いた場合、まずは時効の援用ができるかどうかを確認します。主なタイトルは以下のとおりです。

主なタイトル

☑ 通知書
☑ 一括返済のお願い
☑ 債権譲渡通知書
☑ 法的手続申立予告通知書
☑ ご相談お待ちしております
☑ 窓口変更のお知らせ
☑ 訪問予告通知書

通知書の中に、「期限の利益喪失日」「約定返済日」などの記載があれば、その日付から5年以上が経過しているかどうかが重要です。

東京スター銀行などからの借り入れで保証会社が代位弁済をしている場合は、代位弁済から5年で時効となります。もし、すでに5年以上前の日付であれば、消滅時効の主張ができる可能性があります。

ただし、すでに判決や支払督促などの債務名義を取られている場合は、時効が10年に延長されるので、必ずしも5年以上前の日付だからといって、時効の援用ができるわけではありません。

時効の可能性がある場合であれば、安易に連絡をしないでください。なぜなら、電話で分割弁済の交渉をしたり、借金の減額をお願いする行為は時効中断事由の一つである債務の承認に該当するからです。

時効が中断した場合は、時効期間がすべてリセットされて、もはや時効の援用ができなくなってしまいます。

つまり、アウロラ債権回収に連絡をしたがために、借金を帳消しにできる時効の主張ができなくなる場合があるということです。

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼頂いた場合は、時効の中断事由がない限り、確実に消滅時効の援用をおこないます。

よって、時効の可能性がある場合はまずはご相談ください。もし、時効の援用ができない場合でも、司法書士が代理人となってアウロラ債権回収との分割返済交渉をお任せ頂けます。

<ここがポイント!>
☑ 最後の返済から5年以上経過していれば時効の可能性があるので安易に連絡しない

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら