エムテーケー債権管理回収と消滅時効の援用

エムテーケー債権管理回収とは

エムテーケー債権管理回収株式会社は、法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)です。本店は東京都港区にあり、札幌市中央区に支店があります。

エムテーケー債権管理回収から請求書や催告書が届いても、知らない会社名だからといって架空請求と決めつけないでください。

ただし、同社はアダルトサイトの債権回収はしていないので、そういった請求であれば100%架空請求といえます。

エムテーケー債権管理回収から請求書が届いたり、電話(0120-934-278)が来ている場合は、まずは原債権者の表示や同社の会社名や本店などを確認してください。

実際に借り入れをした覚えがあれば、架空請求ではないので適切な対応を取る必要があります。

もし、実際に借り入れをした覚えはあるが、エムテーケー債権管理回収に対して消滅時効の主張ができるかどうかの判断がつかない場合はお気軽に当事務所にご相談ください。

<ここがポイント!>
☑ 実際にエムテーケー債権管理回収の名を騙った架空請求もある

もとの借入先

エムテーケー債権管理回収は、債権者から債権譲渡を受けて請求するだけでなく、債権者から管理回収を委託されている場合もあります。

エムテーケー債権管理回収に債権譲渡もしくは債権の管理回収をしている主な債権者は以下のとおりです。

主な債権者

☑ SFコーポレーション(三和ファイナンス)
☑ CFJ合同会社
☑ ジュピター合同会社
☑ セプト合同会社
☑ 合同会社エムシースリー
☑ 合同会社エムシーフォー
☑ ファミマクレジット
☑ ポケットカード

請求書が届いた場合の対処法

エムテーケー債権管理回収から催告書が届いた場合は、まず消滅時効の援用ができるかどうかを検討します。

請求書の中に、「次回支払日」「約定弁済日」「期限の利益喪失日」などの記載があれば、その日付から5年以上経過していれば時効の援用ができる可能性があります。

主なタイトル

☑ 御連絡
☑ 減額提案通知
☑ 訴訟申立予告通知
☑ 貴殿債務残高確認書
☑ お知らせ
☑ 減額相談のお知らせ
☑ 訴訟移行通知
☑ 債権譲渡通知書兼債権譲受通知書

エムテーケー債権管理回収の代理人として、弁護士法人 高橋裕次郎法律事務所から請求書や債権回収受任通知兼請求書という書類が送られてくることがあります。

なお、この場合の原債権者は三和ファイナンス(SFコーポレーション)やCFJ(アイク、ディックファイナンス、ユニマット)であることが多いです。

いずれの場合でも、安易に連絡をするのではなく、まずは時効の援用ができるかどうかを確認してください。

もし、請求を放置したままにしていると、自宅まで取り立てに来たり、裁判所に支払督促の申し立てをされることがありますのでご注意ください。

当事務所にご依頼された場合

時効かどうかの判断がご自分でできない場合は、経験豊富な当事務所にご相談ください。ご依頼された場合は、当事務所が代理人として確実に消滅時効の援用をおこないます。

なお、ご依頼された時点でエムテーケー債権管理回収からの直接請求が止まるので、書面や電話による請求がなくなります。

もし、滞納期間が5年未満であったり、直近10年以内に裁判所で判決を取られていて時効の条件を満たしていない場合は支払義務があります。

そのような場合、分割で支払うことができるのであれば、当事務所がエムテーケー債権管理回収と分割和解の交渉をおこなうことも可能です。

<ここがポイント!>
☑ 安易に連絡をせずに、最後の返済から5年以上経過しているかどうかを確認する

内容証明作成サービス

エムテーケー債権管理回収から請求書が届いたのに、近くに相談できる事務所がない方は、まずは当事務所にご相談ください。

当事務所にお越し頂くことができない遠隔地にお住まいの方でも、当事務所が時効の援用を代行することができます。

その場合はエムテーケー債権管理回収や回収業務の委託を受けた高橋裕次郎法律事務所から届いた請求書の画像をLINE、メールなどでお送り頂ければ、当事務所が時効の可能性があるかどうかを無料で診断いたします。

当事務所が時効の可能性があると判断し、お客様がお手続きをご希望の場合は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までを代わりにおこないます。

時効の条件を満たしていれば、こちらの内容証明作成サービスをご利用頂くことで借金の支払い義務が完全になくなります。

まずはお電話でお問い合わせ頂くか、LINEやメール相談をご利用ください。

<ここがポイント!>
☑ 近くにお願いできる事務所がなくても内容証明作成サービスで時効の援用が可能

電話をしてしまっている場合

時効の確認もせずに、エムテーケー債権管理回収に電話をしてしまうと、債務の承認をさせられて時効が中断してしまうリスクがあります。

なぜなら、時効の中断事由には借金の一部弁済だけでなく、減額のお願いや分割返済の交渉をした場合も含まれるからです。

もし、時効が中断した場合は、すでに5年以上経過していた時効期間がご破算となってしまうので要注意です。

もし、エムテーケー債権管理回収からの減額提案が魅力的と思えても、最後の返済から5年以上経過していれば、そもそも法的な支払い義務はありません。

むしろ大幅な減額案が提示されている場合は、すでに時効期間が経過している可能性があると考えた方がよいでしょう。

なお、最後に返済してから5年も10年も経過していたとしても、債権者が請求すること自体が禁止されているわけではありません。

なぜなら、時効期間が経過したからといって自動的に消滅時効が成立するわけではないからです。

そのため、エムテーケー債権管理回収は、すでに時効期間が経過している場合でも、債務者が時効制度を知っているとは限らないので、あの手この手を使って時効を中断させようとしてきます。

そういった債権回収の専門集団に対して、自分で時効の援用をおこなうことが不安であれば、借金問題の経験豊富な当事務所にご相談ください。

<ここがポイント!>
☑ 大幅な減額案が提示されていてもすぐに連絡をせずに時効の成立をチェックする

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、エムテーケー債権管理回収への時効実績も豊富です。

エムテーケー債権管理回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が3000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら