エムユーフロンティア債権回収から請求を受けた場合の対処法

三菱UFJ銀行とエムユーフロンティア債権回収

エムユーフロンティア債権回収とは

エムユーフロンティア債権回収は、三菱UFJフィナンシャルグループの債権回収会社(サービサー)です。債権回収会社は借金の回収を専門におこなっており、法務大臣の許可を受けて営業をしています。

よって、三菱UFJ銀行の借入れをしていると、債権を譲り受けたエムユーフロンティア債権回収から「お借入残高のお知らせ」で請求を受けたり、電話がくることがあります。

請求書には以下のような記載があります。

『さて、エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社は、三菱UFJ住宅ローン保証株式会社より同社があなた様に対して有していた債権を譲り受けております。今後の同債権に関するお問合せ、ご相談並びにお支払いにつきましては当社大阪サービシング業務部にお願い申し上げます。つきましては、債権としてあなた様の現在の残高をお知らせいたします。なお、本状到着前にご返済またはお約束をいただいている場合は、ご容赦願います』

これは、三菱UFJ銀行の借入れをした際の保証会社が三菱UFJ住宅ローン保証になっていて、代位弁済によって保証会社が取得した債権をエムユーフロンティア債権回収が譲り受けたということです。

つまり、以下のような流れになっています。

三菱UFJ銀行(当初の借入れ先)→ 三菱UFJ住宅ローン保証(保証会社)→ エムユーフロンティア債権回収(現在の債権者)

なお、この他に「特別和解のご提案」「お支払いのご依頼」「受託通知書」といるタイトルで請求を受けることもあり、保証会社の三菱UFJ住宅ローン保証から「債権譲渡通知書」が送られてくるケースもあります。

5年以上返済をしていない場合

銀行からの借入れにも消滅時効の適用があります。その場合は、保証会社である三菱UFJ住宅ローン保証が三菱UFJ銀行に代位弁済をした日から5年経過しているかどうかポイントです。

そこで、確認して頂きたいのが【ローンの内容】という箇所の「代位弁済日」の日付です。もし、ここが5年以上前の日付になっている場合は時効の可能性があります。

もし、代位弁済日の記載がない場合は【残高明細】の「元金残高」と「遅延損害金」をみてください。

遅延損害金の利率が年14.000%と記載されていれば、1年間に発生する遅延損害金の額が計算できるので、残高明細に記載されている遅延損害金の合計金額がおよそ何年分になっているかが分かります。

もし、消滅時効が適用された場合は、損害金だけでなく元金についても一切支払う必要がなくなるので、残高合計に記載されている金額がいくらであっても支払い義務を消滅させることができます。

これまでに裁判を起こされている場合

代位弁済日から5年以上が経過している場合でも、過去に三菱UFJ住宅ローン保証から裁判を起こされてしまって判決が確定しているような場合は、時効がその時点から10年延長されます。

よって、消滅時効の適用を受けるには、代位弁済日から5年以上が経過していることに加えて、これまでに裁判を起こされていない必要があります。

なお、過去に裁判を起こされたことがあっても、それが10年以上前であって、すでに判決の確定から10年以上経過していれば時効になる可能性があります。

消滅時効が適用される条件

☑ 代位弁済日から5年以上経過していること
☑ 直近10年以内に裁判を起こさていないこと

時効の条件を満たしている場合は

代位弁済日から5年以上経過しており、これまでに裁判も起こされたことがないからといって、何もせずして時効が成立するというわけではありません。

消滅時効を成立させてエムユーフロンティア債権回収に対する支払い義務を消滅させるには、内容証明郵便で時効の通知を送らなければならず、これを時効の援用といいます。

時効の援用の手続きについて、特に法律上の決まりはありませんが、普通郵便ではあとで届いていない等といわれてトラブルのもとになるので、配達証明付きの内容証明郵便で送るのが一番安全です。

この他に気をつけなければいけないのは、5年の時効期間が経過していて時効の可能性がある場合は、絶対にエムユーフロンティア債権回収に電話をしないということです。

もし、消滅時効制度の存在を知らなかったとしても、電話で今後の返済を約束してしまったような場合は、債務を承認したことになって時効の主張ができなくなるのでご注意ください。

時効の可能性がある場合に気をつけること

☑ 時効の援用はトラブル防止の観点から配達証明付きの内容証明郵便でおこなう
☑ エムユーフロンティア債権回収に電話を掛けない

請求を放置した場合

すでに述べたとおり、時効が自動的に成立することはありませんので、エムユーフロンティア債権回収の請求を無視していても請求が止まることはありません。

そればかりか、いずれ裁判を起こされてしまったり、自宅まで取り立てに来る可能性があります。よって、代位弁済日から5年以上が経過している場合は、すみやかに時効の援用をおこなってください。

もし、裁判所から訴状が届いたにもかかわらず、それをも放置して何もしなかった場合、欠席判決といってエムユーフロンティア債権回収の請求どおりの判決が出てしまいます。

判決が確定してしまうと、もはやあとから時効の主張ができなくなってしまうので、くれぐれもそのようなことになる前に迅速に対処してください。

ご自分で対処できないなら専門家に任せる

そもそも、借金に消滅時効の適用があることを知らない方も少なくありません。

そのような方にとって、時効の可能性があるから内容証明郵便を送った方がいいと言われても、すぐに手続きするのは困難です。そういった場合は当事務所のような専門家にお任せください。

ご依頼頂ければ、当事務所が交渉窓口となるため、エムユーフロンティア債権回収からの請求がすぐに止まります(ただし、損害金を除いた元金が140万円以下の借金に限ります)。

あとは当事務所が時効の条件を満たしているかどうか調査したうえで、確実に時効の援用をおこないますので、ご依頼されたあとは時効の成立を待って頂くだけでとなります。

もし、過去10年以内に判決などを取られていることが判明した場合は時効の主張ができませんが、分割払いで支払うことが出来れば、そのまま当事務所が分割払いの和解交渉を開始します。

その場合、なるべく利息や損害金を免除してもらえるように交渉しますが、目安として借金残高を36~60回払いで返済できるだけの安定収入があれば、分割和解が成立する可能性高いと思われます。

ご依頼された場合のポイント

☑ 当事務所が交渉窓口になるので請求がストップする
☑ 時効の援用は当事務所が時効中断事由の有無を調査したうえで確実におこなう
☑ 時効の条件をクリアーしていなければ、分割返済の和解交渉に切り替えることができる

当事務所にお越し頂けない方には内容証明作成サービス

近くに相談できる事務所がなかったり、当事務所にお越し頂くことができない地域にお住まいの方でも、自宅にいながら簡単スピーディーに時効の援用を代行いたします。

当事務所の内容証明作成サービスなら最短でご相談頂いたその日に内容証明郵便の発送までおこなうことができます。

時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成した内容証明郵便による時効の援用によって、エムユーフロンティア債権回収に対する消滅時効が完成し、支払い義務が完全に消滅します。

ご利用開始からこれまでに1000人を超える方からお申し込みを頂いております。お申し込みの際は営業時間内にお電話でお問い合わせ頂くか、LINEやメールで24時間いつでもご相談ください。

内容証明作成サービスのポイント

☑ 当事務所にお越し頂くことなく手続き可能
☑ 最短でその日のうちに手続き完了

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、エムユーフロンティア債権回収への時効実績も豊富です。

エムユーフロンティア債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら