新生パーソナルローンの「ご通知」による請求

新生パーソナルローン(シンキ)から請求された場合の対処法

ノーローンのシンキの借金を滞納していると

昔、ノーローンのシンキで借り入れをしていて、途中で返済が止まってしまってそのままになっているような場合は、現在の社名である新生パーソナルローンから「ご通知」という書面が届くことがあります。

社名のとおり、シンキは現在、新生銀行グループの会社になっており、同じグループ会社に新生フィナンシャル(レイク)があります。

ご通知(御通知)には以下のような記載があります。

『前略 弊社とのご契約に基づくお支払いの件につき、何度もご連絡を差し上げ、弊社の担当者へのご相談もお願いしてまいりましたが、残念ながら、状況は変わっておりません。この状態が続きますと、お客様の個人的信用が損なわれる場合や、解決が困難になる場合もあります。つきましては、下記期日までに担当者にご連絡のうえ、ご入金いただきますようお願いいたします』

お客様の個人的信用が損なわれる場合があると記載されていますが、すでにJICCやCICなどの信用情報機関には数か月滞納した時点で、いわゆるブラックリストといわれる事故情報が掲載されています。

これにより、クレジットカードを使えなくなったり、他社から融資を受けることができなくなりますが、新生パーソナルローンから請求書が届いている時点ではすでに事故情報には載っているので、信用情報上において、新たなデメリットが発生するということではありません。

長期間滞納している場合に確認すること

滞納期間が5年未満の場合は、新生パーソナルローンに対して支払い義務があるのは間違いありません。その場合は連絡をして分割払いなどで解決するのがよろしいかと思われます。

これに対して、滞納期間が5年以上になっている場合は話が変わってきます。なぜなら、借金にも消滅時効の適用があり、その期間が最後の返済から5年だからです。

最後の返済から5年以上経過しているかどうかを確認するには、ご通知に記載されている「本通知発行時点でのご契約内容」の「お支払い約定日」の日付をみてください。

ここが最後に返済をしなければいけなかった日付になっているはずなので、長期間滞納しているのであれば、お支払い約定日の日付が相当古い日付になっているはずです。

また、長期間滞納している場合は【今回ご請求内容】の[上記期日におけるご請求金額の内訳]の「延滞日数分利息」の金額が非常に高額になっているので、そこも確認してみてください。

電話をすると時効がダメになることも

ご通知には以下のような記載もあります。

『またお支払いについて何かございましたら、担当者がご事情をお伺いいたしますので、ごれんらくください。なお、本状と行き違いにすでにご入金のお手続きを頂いている場合はご容赦ください。また、ご入金の状況をお伺いするため、下記期日までに担当者からお電話をさせていただくことがございますので、予めご了承ください』

たとえ時効期間が経過していても、新生パーソナルローンに一部入金をしてしまうと、その時点で支払い義務を認めたということになり、時効の主張ができなくなります。

同じような現象が一部入金した場合に限らず、新生パーソナルローンに電話をして今後の返済について相談をしたような場合にも時効の中断が適用されることがあります。

よって、お支払い約定日が5年以上前の日付になっている場合や、自分の記憶で5年以上返済した覚えがないような場合は、くれぐれも新生パーソナルローンへ電話しないようにご注意ください。

以下に時効が中断する代表的な行為を挙げておきます。

債務承認に該当する行為

 ☑ 借金の一部を返済する
 ☑ 利息や損害金の減額をお願いしたり、分割返済の話をする
 ☑ 和解書や示談書にサインする

この中でも借金の一部を入金したり、電話で和解条件の相談をして最終的に新生パーソナルローンと示談書の取り交わしをしてしまったような場合は、確実に時効が中断してしまいます。

これに対して、電話で少し話をしたような段階であれば、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合があるので、今からでも時効の主張をしたいという方は諦めずにご相談ください。

請求を無視した場合

度重なる請求を受けているにもかかわらず、現実から目をそらして無視し続けたり、届いた請求書を破り捨てるなどして放置してしまう方が少なくありません。

しかし、借金の場合は時効が自動的に成立することはありませんので、新生パーソナルローンから請求書が届いている場合は絶対にそのまま放置しないでください。

見て見ぬふりをしていると、いずれ裁判を起こされてしまったり、自宅まで取り立てに来ることもあります。そうなる前に適切に対処してしておく必要があります。

時効を成立させて支払い義務を消滅させるには、新生パーソナルローンに対して、配達証明付きの内容証明郵便で時効の通知を送らなければいけません。これを時効の援用といいます。

よって、5年以上滞納していて時効の可能性があると思われる方は、1日でも早く時効の援用をおこなうようにしてください。

当事務所にご依頼された場合

もし、内容証明郵便の手続きをしたことがなく、ご自分で時効の援用をおこなうことが無理そうと思われる方は当事務所にお任せください。

ご依頼をお受けした時点で新生パーソナルローンからの請求が止まるので、自分宛に請求書が届いたり、電話がくることがなくなります。

あとは当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで、確実に時効の援用をおこないますので、ご依頼頂いた場合は基本的に時効の成立を待って頂くだけです。

なお、時効が成立した場合は、JICCの事故情報はすぐに抹消されます。つまり、時効の成立によってブラックリストも消えてなくなるわけです。

これに対して、CICの場合は時効が成立してもすぐには事故情報が消えず、5年経過してから消えるのが原則的な運用です。

ただし、何もしない限りは事故情報はずっと残ったままなので、将来的にカードを使えるようにしたり、住宅ローンを組みたい場合は、お早めに時効の手続きをしておく必要があります。

もし、これまでに裁判を起こされてしまっていて、時効が通常の5年から10年に延長してしまっているために、時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、そのまま新生パーソナルローンとの分割和解の交渉に切り替えることも可能です。

36~60回払いで支払える収入があれば、時効でない場合でも分割和解で解決することが可能です。その際はなるべく利息や損害金を減額してもらえるように当事務所が交渉します。

消滅時効援用サービスはこちら

内容証明作成サービスなら即日対応

以下の時効の条件をクリアーしている場合は、内容証明郵便で時効の通知を送ることで支払い義務がなくなり、請求が来なくなります。

時効が成立する条件

☑ 滞納期間が5年以上
☑ これまでに相手から裁判を起こされていない(判決などが出ている場合の時効は10年)
☑ 電話で返済の話をしていない

もし、当事務所にお越し頂くことができない遠方の方で、上記の条件をクリアーしていると思われる場合は内容証明作成サービスをご利用頂くことで時効を成立させることができます。

お申込み頂いた場合は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこないます。最短で当事務所にお問い合わせ頂いたその日に手続きできるので、すぐにでも手続したい方におすすめです。

これまでに1000人を超える方が内容証明作成サービスを利用することで、自宅にいながら簡単迅速に時効を成立させて借金問題を解決しています。

お手続きを希望される方はお電話でお問い合わせ頂くか、LINEやメールでご相談ください。LINE相談の際は請求書の画像を送って頂けると、より具体的なアドバイスが可能です。

お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、新生パーソナルローン(シンキ)への時効実績も豊富です。

新生パーソナルローンから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら