グリーンアイランドから請求書が届いたら

グリーンアイランドから催告書が届いたら

株式会社グリーンアイランドからの請求

オリカキャピタル、ユニマットライフの借金を滞納していると、債権を譲り受けたグリーンアイランドから催告書や法的手続き移行のご通知が届くことがあります。

なお、グリーンアイランドの本社は静岡市となっており、株式会社クレディアと同じ住所になっています。

また、両社とも東京都中央区に支店がありましたが、2020年に支店が東京都港区南麻布に移転しました。

グリーンアイランドが債権を譲り受けている主な原契約会社

☑ ユニマット
☑ ユニマットライフ
☑ ユナイテッドスティール
☑ ビーエル
☑ サミックス
☑ 丸和コーヨー
☑ パルレディス
☑ オリカキャピタル
☑ ホワイトテラス
☑ ベイカー商事
☑ ノースポイント東京
☑ 日本商工ファイナンス
☑ ベターライフ
☑ オリエント信販
☑ セントラルリゾート 
☑ オーシャンセブン

グリーンアイランドの請求と借金の消滅時効

貸金業者からの借金は5年で時効になります。ユニマットライフやオリカキャピタルの債権を譲り受けているグリーンアイランドは貸金業者ではありませんが、依然として消滅時効の対象になります。

よって、グリーンアイランドから「催告書」「法的手続き移行のご通知」などで請求を受けた場合は、まずは消滅時効が成立するかどうかを疑ってください。

時効期間が経過しているかどうかは、【本書作成時点での残存債務の額】に記載されている「約定返済日」の日付で確認できます。もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能があります。

ただし、直近10年以内の間に裁判を起こされて判決などを取られてしまっていると、時効がその時点から10年延長してしまいますが、グリーンアイランドの場合は判決がない場合がほとんどです。

なお、当事務所でご依頼をお受けした案件に限りますと、そのすべてで時効期間が経過していますので、おそらくほぼすべてのケースにおいて時効の可能性があるのではないかと思われます。

自宅訪問される危険がある

消滅時効の可能性があるのに、何もしないで請求を放置してしまうと、グリーンアイランドからの請求が止まることはなく、自宅まで取り立てに来る可能性があります。

その際は、日本インヴェスティゲーション(東京都中央区)という調査会社が訪問してくることもあります。不在の場合は「訪問通知書」が投函されており、そこには以下のような記載があります。

『度重なる請求・通知にもかかわらず、貴殿から未だに契約どおりのお支払いを頂いておらず、本日ご事情等を伺うためのご相談訪問をさせていただきました。つきましては、○月○日までに、上記電話番号までご連絡頂きますよう、お願い申し上げます』

また、「ご連絡のお願い」という書類が投函されていることもあり、そこには以下のような記載があります。

『本日、株式会社グリーンアイランドからの依頼で、お住まいかどうかの確認のため、お伺いしましたが、ご不在でお目にかかれませんでした。「お忙しいことと存じますが、ご確認したい事項がございますので、下記連絡先までご連絡ください」との伝言を預かっております。なお、既にご連絡等いただいている場合は、本状は行き違いでございますので何卒ご容赦ください』

自宅訪問された際に玄関先で返済の話をしてしまったり、その場でいくら支払ってしまうと債務を承認したことになって時効が中断することがあります。

また、最近では本人の住所だけでなく、親族の住所に「〇〇様方」と記載された請求書が送られてくるという相談が増えています。

これは本人宛に請求書を送っても連絡が来ない場合に、親族の住所に送ることで本人に「親族には迷惑をかけられない」と思わせて連絡をさせようという狙いだと思われます。

よって、請求書が届いた場合は自宅訪問や親族宛に請求書を送られてしまう前に、なるべくお早めに時効の援用手続きしてください。

電話は要注意

5年の時効期間が経過している場合でも、そのまま何もせずに放置していると、グリーンアイランドからの請求は止まらず、自宅まで取り立てに来たり、裁判を起こされる可能性があります。

かといって、グリーンアイランドに電話をして分割返済のお願いなどをしてしまうと、債務を承認したことになり時効が中断してしまうので、くれぐれも電話を掛けないようにご注意ください。

ただし、電話をかけてしまったような場合でも、必ずしも時効が中断したとはいえない場合もあるので、まずは諦めずに時効の手続きを取るのがよろしいかと思われます。

もし、時効の援用をせずに請求を無視したり、放置し続けていると支払督促という裁判を起こしてくることがあり、その場合は東京簡易裁判所もしくは借主の地元の簡易裁判所から書類が届きます。

支払督促が届いた場合は2週間以内に対処する必要があるので、すぐにご相談ください。

時効を成立させる方法

5年以上返済をしていないからといって、すでに時効が成立していると思い込み、何もせずにグリーンアイランドからの催告書を放置しているだけでは時効が成立することはありません。

消滅時効を成立させたいのであれば、内容証明郵便などの書面でグリーンアイランドに時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といいます。

借金の消滅時効は時効の援用をおこなうことで初めて成立するので、時効の可能性がある場合はすみやかに時効の援用をおこなってください。

もし、ご自分で時効の援用をおこなうことができない場合は当事務所にお任せください。ご依頼頂いた場合、グリーンアイランドからの直接請求がすぐに止まります。

その後、当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。これにより、グリーンアイランドに対する支払い義務が完全に消滅します。

当事務所にお越し頂けない方

当事務所にお越し頂けない方でも時効の援用をお任せ頂けます。その場合は当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります。

もちろん、内容証明作成サービスをご利用頂くことで5年以上返済をしておらず、これまでに相手から裁判を起こされたことがなければ、当事務所が作成した内容証明郵便による時効の援用手続きによって、支払い義務がなくなり、その結果としてグリーンアイランドからの請求も止まります。

よって、遠方にお住まいの方もまずはお気軽にご相談ください。ご相談方法はお電話もしくはLINE、メール相談をご利用ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに5000人を超える方の借金問題を解決しており、グリーンアイランドへの時効実績も豊富です。

グリーンアイランドから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

※LINE相談のご利用件数が000人を突破しました!

友だち追加

(友だち追加のURL)https://lin.ee/eQiyW85

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら