エムアールアイ債権回収の「減額和解のご提案」

エムアールアイ債権回収から「減額和解のご提案」が届いたら

エムアールアイ債権回収とは

エムアールアイ債権回収は、エポスカードの子会社で、法務大臣の許可を受けて営業している債権回収会社(サービサー)です。

債権回収会社はその名のとおり、借金の回収を専門におこなっている会社で、国のお墨付きを得て営業しているくらいですから、いわゆる架空請求とは異なります。

マルイカードゼロファースト時代の借金を滞納している場合に請求を受けることがあり、スルガ銀行の借金の場合もあるようです。

よって、エムアールアイ債権回収から請求を受けた場合は、適切な対処を取る必要があります。

安易な和解は禁物

エムアールアイ債権回収から「減額和解のご提案」が届いた場合の対処法ですが、以下のとおり、遅延損害金を減額する内容になっています。

『弊社がエポスカードから譲り受けたお客様の未払い債権のお支払いを、いまだにいただいておりません。このたび、期間限定で一括または分割でお支払いいただきましたお客様には、遅延損害金を以下のとおり減額させていただくことになりました。

<一括返済の場合> 遅延損害金を 全額 免除
<分割返済の場合> 遅延損害金を 50% 免除

このまま未払いの状況が続きますと、管轄裁判所に対し遅延損害金を含めた一括払いを求める法的手続きを進めます。和解に向け、至急ご連絡をお願いいたします』

一括なら遅延損害金を全額免除、分割払いなら50%免除といった内容ですが、遅延損害金を大幅にカットしてもらえるからといって安易に連絡をするのは危険です。

もし、最後の返済から5年以上経過しているような場合は時効の可能性があるので、【譲り受けた債権の内容】の「※延滞となった貸金債権の当初の約定支払日」の日付を確認してください。

ただし、滞納金が貸金(キャッシング)ではなく、立替金(ショッピング)だと日付が記載されていないので、その場合は裏面の「ショッピング等の代金と内訳」の「遅延損害金」の額を確認してください。

もし、遅延損害金が元金よりも大きい額になっているような場合は、相当な年数を滞納しているということになるので時効の可能性があると推測できます。

そもそも時効の場合は、遅延損害金だけでなく、元金についても一切支払う必要がありませんので、遅延損害金を免除するという言葉に惑わされないでください。

時効期間が経過している場合、エムアールアイ債権回収は遅延損害金を大幅に免除することで、借主から連絡をするように仕向けてなんとか時効の成立を阻止させようとしてきているわけです。

時効の援用で支払う必要がなくなる

時効は内容証明郵便などで通知することで初めて成立します。これを時効の援用といいます。何もせずに放置しているだけでは、借金はなくなりませんし、請求も止まりません。

エムアールアイ債権回収の場合、実際に担当者が自宅まで取り立てに来ることもあります。実際に自宅まで訪問されると心理的なプレッシャーから支払いに応じてしまう傾向があります。

1人暮らしであればまだいいですが、同居のご家族がいるような場合に訪問されると、周りのご家族にも心配や迷惑をかけてしまいますし、小さなお子様に気づかれると教育上もよくありません。

よって、エムアールアイ債権回収から請求書が届いている場合は消滅時効が成立する可能性があるかどうかを検討して、滞納期間が5年以上であればすみやかに時効の援用をおこなう必要があります。

なお、時効の通知は必ず書面でおこないます。電話ではあとで言った言わないの争いになる可能性がありますし、相手のペースで話が進んでしまう危険もあります。

時効の中断に注意

時効期間が経過しているにもかかわらず、和解提案に応じてしまって1回でも支払をしてしまったり、和解書にサインしたような場合は支払義務を認めたことになって時効が中断してしまいます。

また、電話で今後の返済条件について話をしてしまうだけでも債務承認となって時効が中断するおそれがあるので十分にご注意ください。

時効の中断はすでに5年の時効期間が経過している場合でも成立するので、エムアールアイ債権回収はあの手この手で中断を狙ってきます。自ら借金の一部を返済したような場合も同様です。

時効が中断する行為

☑ 借主の方から借金の減額をお願いした場合
☑ 電話で今後の返済について話をした場合
☑ 借金の一部を返済した場合
☑ 和解書にサインした場合

司法書士にお願いすると

ご自分で通知するのが不安な場合は、当事務所にご相談ください。時効の可能性がある場合はもちろんのこと、時効ではない場合でも対応しています。

また、ご依頼をお受けすることで交渉窓口が当事務所になるので、エムアールアイ債権債権回収が本人宛に請求することができなくなります。

これにより、定期的な届いていた請求書や電話による催促、自宅訪問される心配がなくなり、取り立てに怯えていた毎日から解放されます。

5年以上滞納しており、これまでに裁判所で判決などを取られていなければ、当事務所が確実に時効の援用をおこない、借金を完全に消滅させます。

これに対して、時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、当事務所とエムアールアイ債権回収との間で分割和解の交渉をおこなうこともできます。

エムアールアイ債権回収は分割返済の和解条件はそれほど厳しくないので、毎月数万円であれば返済できるというケースであれば和解が成立する可能性が高いと思われます。

もし、安定収入がなく分割でも返済していくことができず、他にもまとまった借金があるような場合は裁判所に自己破産を申し立てることもできます。

当事務所はこれまでに千葉を中心に東京、栃木、埼玉、茨城、、群馬、神奈川などから数多くの依頼を受けていますので、お気軽にご相談ください。

※ 法務大臣認定司法書士は元金が140万円以下(利息・損害金は除く)の借金について代理人として業務をおこなうことができます

遠方の方も諦めないでください

もし、当事務所にお越し頂けないエリアにお住まいの方は内容証明作成サービスをご利用ください。こちらはご本人が当事務所にお越し頂くことなく、内容証明の作成を代行するサービスです。

お申込み頂いた場合は当事務所が内容証明郵便の発送までおこないます。これにより、時効の条件を満たしている限り、借金の支払い義務がなくなり、エムアールアイ債権回収からの請求がなくなります。

まずは営業時間内にお電話でお問い合わせ頂くか、エムアールアイ債権回収から届いた請求書の画像をLINEやメールで送って頂ければ、当事務所が無料で時効の可能性があるかを診断します。

お手続きをご希望の場合は、ご相談から内容証明郵便の発送までを最短で1日でおこなうことができますので、事務所に来所することはできないけれど、すぐにでも時効の援用をおこないたい方はお気軽にお問い合わせください(ご利用件数1000人以上)。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、エムアールアイ債権回収への時効実績も豊富です。

エムアールアイ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら