除籍簿の廃棄、滅失について

除籍簿の廃棄、消失

相続による不動産の名義変更(相続登記)をおこなう場合、相続関係を証明するために原則的に、被相続人の出生から死亡時までのすべての戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)が必要になります(戸籍の提出範囲はこちら)。

しかし、除籍謄本や改製原戸籍の保存期間は、平成22年改正により150年に延長されましたが、それ以前は80年であったため、保存期間の経過により除却されてしまい、取得できないことがあります。

また、戦災や震災の影響で、戸籍謄本の原本自体が焼失してしまい、再製できない場合もあります。

<ここがポイント!>
☑ 戦災や震災、保存期間の経過により、除籍謄本等が取得できない場合がある

除籍謄本等が取得できない場合の対処法

除籍簿等が廃棄、滅失等により取得できない場合は、「廃棄処分(火災消失)により除籍謄本を交付することができない」旨の市区町村長の証明書のほかに、「他に相続人はない」旨の相続人全員の証明書(印鑑証明書付)を提出して相続登記をおこなうことができます。

なお、この場合の相続人には、相続放棄した者も含まれます。

ただし、「他に相続人はない」旨の証明書は、独立した書面でなくてもよいので、遺産分割協議書特別受益証明書の中で「他に相続人はない」旨を記載したものでも構いません。

また、市区町村長の証明書のほかに、寺の過去帳に基づいて当該相続人が死亡し、かつ、その者に子がなかったことを認定できる寺の証明書があれば、相続人の証明書の提出は不要とされています。

<ここがポイント!>
☑ 市区町村長の証明書のほかに相続人全員の証明書が必要になる

<他に相続人がないことの証明書>

他に相続人がいないことの証明書

本 籍   千葉市稲毛区〇町○丁目○番○号

住 所   千葉市美浜区〇町○丁目○番○号
被相続人 山田 太郎(平成○年○月○日死亡)

上記の者の相続人は私たちだけであり、他に相続人がないことを証明します。

平成〇〇年〇〇月〇〇日

住 所 千葉市花見川区○町○丁目○番○号
相続人 甲野 一郎 印

住 所 千葉市若葉区○町○丁目○番○号
相続人 乙野 二郎 印

 

<除籍謄本が交付できないことの証明書>

告知書

本   籍   千葉県市原市
筆 頭 者   甲野 太郎
消除年月日   不詳

上記の除籍簿および東京法務局に保管の副本は、昭和○年○月○日に戦災で焼失しました。このため再製することができないので、除籍の謄本は交付できません。

平成〇〇年〇〇月〇〇日

○○区長 ○○○○

 

» 相続登記のよくある質問に戻る

関連ページ

☑ 相続登記に必要な書類
☑ 相続分がないことの証明書(特別受益証明書)
☑ 相続登記における戸籍謄本などの原本還付

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら