過払い金を回収した事例を見てみましょう

事例1 211万円の借金がなくなり、逆に100万円が手元に残った事例。
(甲さんの場合)

当初の債務残高 189万円
A社 平成5年から借入れ残高 35万円
B社 平成5年から借入れ残高 43万円
C社 平成9年から借入れ残高 48万円
D社 平成10年から借入れ残高 40万円
E社 平成10年から借入れ残高 23万円

A社 裁判外で返還和解回収額53万円
B社 裁判外で返還和解回収額89万円
C社 裁判外で返還和解回収額15万円
D社 裁判外で返還和解回収額13万円
E社 裁判外で返還和解回収額20万円

債務整理後の債務残高⇒0円
(借金がすべてなくなりました)

まとめ
甲さんは189万円の借金が債務整理をした結果、過払い金を190万円回収して借金がすべてなくなり、逆に100万円が手元に残りました。

 

事例2 過払い金を138万円回収して借金が226万円減った事例。

(乙さんの場合)

当初の債務残高⇒411万円
A社 昭和63年から借入れ残高98万円
B社 平成12年から借入れ残高73万円
C社 平成15年から借入れ残高49万円
D社 平成16年から借入れ残高191万円

A社 過払い訴訟を提起回収額138万円
B社 残金27万円を過払い金で一括返済
C社 残金33万円を過払い金で一括返済
D社 残金185万円を分割返済(36回払)

債務整理後の債務残高⇒185万円
(当初の債務より226万円の減額に成功)

まとめ
乙さんは411万円の借金が債務整理をした結果、過払い金を138万円回収して、そのお金でB社とC社の負債を一括返済することができました。D社については3年で分割返済することになりました。

 

事例3 284万円(8社)の借金が過払い金で0円になった事例。
(丙さんの場合)

当初の債務残高⇒284万円
A社 平成元年から借入れ残高48万円
B社 平成3年から借入れ残高66万円
C社 平成5年から借入れ残高18万円
D社 平成8年から借入れ残高20万円
E社 平成12年から借入れ残高28万円
F社 平成12年から借入れ残高4万円
G社 平成12年から借入れ残高40万円
H社 平成14年から借入れ残高60万円

A社 過払い訴訟を提起回収額119万円
B社 裁判外で返還和解回収額6万円
C社 裁判外で返還和解回収額13万円
D社 裁判外で返還和解回収額21万円
E社 過払い訴訟を提起回収額7万円
F社 残金4万円を過払い金で一括返済
G社 残金6万円を過払い金で一括返済
H社 残高29万円を過払い金で一括返済

債務整理後の債務残高⇒0円
(借金がすべてなくなりました)

まとめ
丙さんは284万円の借金が債務整理をした結果、過払い金を166万円回収して、そのお金で残った負債39万円を一括返済することができ、さらに手元に20万円近く戻ってきました。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら