過払い請求における引き直し計算

過払い請求をするには、まず相手業者から

 

「取引履歴」

 

を取り寄せる必要があります。

 

取引履歴の開示については、各業者によって手順が多少異なります。

 

サラ金系の業者であれば

 

「電話」

 

するだけで開示に応じてくれるところも多いようです。

 

反面、信販系の業者に電話をすると

 

「開示請求書」

 

なる書面を送付するので、それに署名押印して返送して欲しい、と言われることが多いです。

 

なお、開示理由については単に

 

「今までの取引内容を確認したいから」

 

とでも書いておけばOKです。

 

この取引履歴の開示ですが、実際に開示請求をしてから、取引履歴が開示されるまでどの程度の日数を要するかについても各業者によってまちまちです。

 

早いところだと

 

「1週間」

 

くらいですが、遅いところだと

 

「2~3ヶ月」

 

かかる場合もあります。

 

履歴が開示されたら、次は

 

「利息制限法」

 

に基づいて計算します。

 

これを一般的に

 

「引き直し計算」

 

といいます。

 

引き直し計算自体は、専用の無料ソフトがネットからダウンロードできますので、手計算をするということではありません。

 

なお、業者によっては、あらかじめ引き直し計算をした履歴を開示してくるところもありますが、大半の業者は引き直しをする前の約定金利に基づく履歴をそのまま開示してきます。

 

また、履歴といっても中には非常に見にくい履歴もあり、一般の方が一見しただけでは、その内容がよくわからないものもあります。

 

そういった場合には、当事務所でも

 

「引き直し計算無料サービス」

 

というものをおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら