過払い金、満額回収か早期回収か

過払い金を回収する際にはいろいろな考えがあります。

 

大きく2つに分けるとすれば

 

 

「時間はかかっても全額回収」

 

 

という考えと

 

 

「多少減額してでも早期回収」

 

 

という考えです。

 

まず、時間がかかっても全額回収という考えについてみていきます。

 

ここでいう

 

 

「時間がかかっても」

 

 

というのはいったいどのくらいの時間のことでしょう。

 

個人的な考えですが

 

 

「半年~1年」

 

 

程度はみておく必要があります。

 

現在では、全額回収するには

 

 

「裁判」

 

 

をすることが避けられません。

 

そして、裁判をした場合、おおむね1~2回程度の裁判を重ねることになります。

 

そうなると和解が成立するまでに

 

 

「約3ヵ月」

 

 

は必要で、そこから実際に返金されるまでにさらに

 

 

「3~4ヵ月」

 

 

かかることが多いので、トータルで半年前後はみておく必要があります。

 

中には裁判をすると1回目の期日前に和解になり、返金も1~2ヵ月と早いところもあります。

 

そういった早い業者だと手続開始から

 

 

「3~4ヵ月」

 

 

で回収できるところもありますが少数派です。

 

さらに、裁判をしても和解できない業者(代表格はアイフル)だと、およそ

 

 

「10ヵ月~1年」

 

 

くらいかかります。

 

このように、全額回収するには相手業者や事案によって変わってきますが、少なくても半年、長いと1年くらいはかかると思っておいた方がいいでしょう。

 

次に、ある程度減額してでも早期に回収するという考えですが、ここではどの程度減額するのかが問題です。

 

この辺はまさにその人その人で考え方が違うでしょうが

 

 

「半額」

 

 

程度でも構わないというスタンスであれば、かなり早期に返金してくれる業者もいます。

 

かなり早期というのも業者によって幅がありますが、およそ

 

 

「1~3ヵ月程度」

 

 

で返金されることもあるようです。

 

実際に存在するある貸金業者の事例を紹介します。

 

この業者は、第一審で判決を取っても

 

 

「控訴」

 

 

してくることもあり、判決が確定するまでに半年~1年程度かかります。

 

しかも、会社の経営状態が悪いために判決を取っても返金に応じないため

 

 

「強制執行」

 

 

する必要があります。

 

反面、この業者は、半額であれば1ヵ月で返金に応じます。

 

こういった経営状態の悪い業者だと

 

 

「倒産」

 

 

のリスクもあるため、一概にどちらが良いとは言えません。

 

最終的には、依頼者の方に選択肢を提示して決めて頂くことになります。

 

ただし、当面倒産する恐れがなさそうな業者であれば、基本的にある程度の時間をかけてでも全額回収することをおススメします。

 

なお、当事務所のスタンスは倒産のリスクがない業者は時間をかけても全額回収、倒産のリスクがある業者はケースバイケースで対応でやっています。

 

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら